Biography


Vo.nobu・Gt.ヒガシグチダイキによりrale one stace結成

他メンバーも揃い活動を始めるも
入れ替わりを何度も繰り返した挙句、2人に戻り意気消沈

酒ばかり呑む

2009年ようやく本格的に始動

FM OSAKA × YOSHIMOTO主催オーディションに優勝、
月間アーティストに選出
その後、シングル2枚を発表
世界的にも評価の高い少年ナイフとの共演
THE YELLOW MONKEYのベーシストHEESEY氏の
自身のバンド・TYOのオープニングアクトを務める

ミナミホイール出演や主催スリーマン開催など
精力的に活動するもまたもや2人を残しメンバーが脱退

しかし、サポートメンバーを招き活動を続けるという
今までにないタフさを見せつける


THE EASY WALKERS・THE PRIVATESとの共演や
HEESEY氏初のソロツアーにO.A出演など
順調に活動を続けるも突如ヒガシグチダイキが
ギターからベースへの転向と新たに
2014年ギタリストAndyの加入を発表し3人となる

2015年、ヒガシグチがギター復帰を発表しAndyとの
ダブルギター編成になる


2016年 1stミニアルバム『end game』を発表

2017年 3rdシングル『東雲』発表

2018年 初のワンマンライブ『SHOUT OF DELIGHT』開催

2019年 2月から3連続レコ発 sleeping leon Vol.6
『魂の選択』開催

『Addiction』『君に会いにいく』『Starting Over』発表


そして、3連続レコ発を開催したライブハウスの
店長から唐突な「ワンマンやってみる?」の魔の囁きから ハコから無茶振りワンマン『Animaの逆襲』開催決定

決定の時点で3ヶ月を切っている中、
成功に向けて奔走している...



Vo.nobuが紡ぐ聴き手によって形を成す詞。
それとは裏腹に力強く届く歌声、
メロディは彼が影響を受けた歌謡曲の匂いを色濃く残す。

一方Gt.ヒガシグチは感情的で泥臭く、
Gt.Andyは華やかで伝統的な
スタイルの違う2人のギタリストが
ドラマチックに混ざり合い演出し普遍性を問う。